FC2ブログ
ワンちゃん、ネコちゃんにやさしいお家
このごろはネコちゃんもお家の中にズ~~ット居る子がいるそうです。
犬よりしつけにくいのでしょうか?ペットを飼った事の無い私には分りませんが。ネコの爪とぎのために腰から下の壁がボロボロ、ゾロゾロになってしまったお家がありました。
これは同じライファ仲間の豊橋東さんの現場です。「本当にはずかしくって、誰にも入ってもらえないの、今までは主人が少しづつ直してたけどもう限界」といわれて伺ったお家はネコが9匹いたそうです。ありとあらゆるところで爪とぎをしていて・・・・。
早速仕上材のご提案をしてリフォーム工事をさせていただきました。
①腰から下の壁にINAXのエコカラットタイル
②建具を造り替えてフィルム仕上げの表面材 
一年経った今ではもうすっかり爪とぎをしていませんでした、といいたいところですが実は被害が一箇所ありました。それは作った建具の枠小口部分に柔らかい木が使ってありました。たった3cmくらいの部分に傷が付いていたそうです。担当者曰く「勉強になりました」でした。
以前に比べてペットとの共生住宅のための商材は増えてきました。私も一生懸命勉強してみなさんにお知らせしますね。
スポンサーサイト



皆さんはペットを飼っていらっしゃいますか
外飼いですか内飼いですか??愛知県はペット飼育世帯が大変多い県だそうで一家に一匹じゃなくって複数飼っているんだそうです。私は生まれてからこの方一度もペットという物を身近においたことがありません。子供達が取ってきたカブト虫が数日間いたり、ハムスターを数日預かったり、夜店の金魚が数週間生き延びたり、そんな事がなかったわけではありませんが、好意を持って飼育したことは一度もありませんのでペット特に犬を家の中で飼っている人の気持ちが分りません。
そんな私が昨日ペットの為のリフォーム工事の勉強会に参加してきました。こんな私ですから講演の内容はビックリすることばかり。「犬とか猫と言ってはなりません。ワンちゃん、ねこちゃんです」「雄、雌ではなく男の子女の子です」から始まりました。当たり前かもしれませんが≪人間より早く死んじゃう事≫≪今の姿は人間の都合で作った姿≫≪それ故に持っている習性がそれぞれ有る事≫等など受け入れがたい事がたくさん有りました。犬種にも流行があるそうで人気がなくなると・・・・・・。かわいそうな運命ですね。遺伝上ひざが弱かったり、腰が弱かったりする子もいるそうで、講師の方は床を滑らない素材にしていただく事で軽減されるという事もお話されました。ペットの癒し効果はとてもすごくって人間の心をゆるくしてくれるそうです。みんな大切な家族だって分りました。参考になるかどうか分りませんが、勉強してきた事をこれからしばらくブログに書き込んでいきます。
施工後
なんでもない手すりの取付で巣が見てください。
一宮市が実施している 介護予防住宅改修助成事業をご存知でしょうか?

介護保険制度が出来て10年経ちます。介護保険で住宅改修工事をしなければならなくなった方への助成はとてもありがたいもので、要支援の方からそれ以上の認定を受けられた方まで、症状に応じて手すり取り付けや床の段差解消、洋式便器への取替、引戸への変更等、工事の内容によって助成金がいただけます。

しかし私は介護の方々に接するに付けもっと前の段階で手すりが必要な方がずいぶんいらっしゃると思っていました。一宮市のそんな方のために助成金がいただけます。
転倒防止や安全のために 是非、使っていただきたい思います。
詳しくは一宮市の高齢福祉課に問い合わせされるか、ライファ富士までTEL下さい。