FC2ブログ
2009.10.17
太陽光発電という商品が世に出てきて約20余年、やっと最終消費者の目にとまるようになりつつあります。私は屋根の上に何かを乗せるのは姿的に好きではありません。しかし私たちの地球の為に少しでも何かできるとすると、そんな事は言っていられないように思うようになりました。
太陽光発電は太陽の熱ではなく光を利用します。
ですから曇りの日や雨の日はいくら夏でも発電量は少なくなります。
私は「自分が使うなら」という目で有名メーカーの色々なセミナーに参加しました。
そして感じた事は時代がこちらへ流れているということでした。今の電気の原料は第一に火力発電だそうです。結果CO2削減の為には何か(太陽光とか風力とか)切り替える事になっていくように感じます。今日は硬いお話になりました。
次回は商品の説明をさせていただきます。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://714382m.blog81.fc2.com/tb.php/23-280901e0